上手な離婚の説明方法

子供に離婚のことを説明するのにはどうすればいいのでしょうか。
まだ小さい場合にはそもそも離婚というものが何なのかわかっていませんのでそのことを教えなければいけません。
相手とはもう夫婦ではなくなるということ、そしてどちらかの親とは一緒に暮らせなくなるということを伝えてください。
そしてその理由なのですが、相手の浮気の場合は正直にそのことを伝える必要はありません。
子供のために嘘をついてください。
自分と相手との意見が不一致になってしまった、夫婦を続けられなくなってしまったなどと言うのがいいでしょう。
決して嫌いになったとは言わないようにしてください。
非常に小さい子であればそれ納得してくれますが、ある程度大きくなるとそれだけではなかなか納得しないこともあります。
その場合でも言わないようにしてください。
そしてもっと子どもが大きくなったときに真実を聞いて来た時には言うようにするといいでしょう。
上手く伝えられる自信がない場合には親などを呼んできて一緒に伝えてもらうというのも方法です。
夫婦2人で一緒に伝えるのもいいでしょう。
子どもにとっては不都合なことがあるもののそれが最善の方法であることが分かれば理解してくれます。