非行と喫煙の関連について

子供にとって、父親、そして母親はとても大事な存在です。子供へのしつけにおいて、父親は父親の、母親は母親の役目を果たすことが必要な場面が必ず訪れます。子供を叱る、励ますなど、父親と母親が互いに協力し合い、子供を育てることができることがベストでしょう。
しかし、父親と母親という夫婦間では、様々な理由によって離婚という選択をする場合があります。この事は子供の心に多大な影響を与えることは間違いありません。両親が離婚したことによって、心に傷を負う子供も少なくありません。
非行に走ってしまう少年少女の中にそういった心の傷を負った子供達が多いことは、はたして偶然なのでしょうか。未成年であるにもかかわらず、飲酒や喫煙をして警察に保護されるなど、ぐれてしまった少年少女には両親の離婚などの家庭問題が背景にある場合が多いようです。
こういった少年少女には、1本のたばこをきっかけに、最終的に様々な悪事を働くというケースがあるようです。悪い先輩や友達からの誘いに乗り、良くない事だとわかっていながらもたばこを吸ってしまい、それ以来、ワルと呼ばれるグループに属するようになってしまうのです。この時、こういった誘いを断れるかどうかも、しつけによって左右されてしまいます。